中学受験子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

中学受験子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

中学受験。田舎では公立の中学校にそのまま進学するのが
当たり前で、国立や私立の中学校を受験するのは、親が
よっぽど教育熱心な家庭だけでした。

 

ところが都会では、公立中学校の荒廃ぶりや教育レベルの
低下により、「自分の子供だけはああいう風になってほしくない」と
思う親御さんが急増し、教育熱心でない家庭でも私立中学を受験
することが普通のこととなっています。

 

中学校でどれだけ勉強するかによって、行くことの出来る高校が決まり、
高校のレベルによって、行ける大学が決まってきます。
ということは、中学受験というものは、単に中学の受験に留まらず、
将来の大学受験まで見据えた重要な入学試験だといえます。

 

小学校では、私立中学受験のテクニック・勉強法などは教えてくれません
から、必然的に塾や家庭教師、通信教育といった自分で
学ぶ必要があります。
しかし、塾は友達との遊び場になっていませんか?家庭教師を付けても
さっぱり勉強しないということはありませんか?通信教育はただ取っているだけに
なってはいませんか?
親御さんのお気持ちとしては、お子さんが自主的に机に向かってほしい、
自分の意志で勉強してほしい、と思っていませんか?

 

そこで、今回はお子さんが自主的に勉強してくれるような勉強法を
ご用意しました。全国でもトップクラスの教育のプロが、練りに練って
編み出した勉強法です。これ以上の中学受験用の教材はないと
言っても過言ではないでしょう。

 

また、受験には暗記も必要ですから「記憶術」の商品も揃えてあります。

 

もう一度言いますが、中学受験は、ただの中学入試に終わらない、
ということをよくお考えください。
大事な我が子の、高校・大学、最終的には就職にまで影響する
試験なのです。お子さん自身はそこまでの自覚はないでしょうから、
親御さんが、たとえその時怨まれたとしても、正しい道にリード
してあげるべきなのです。後々絶対に感謝されますから、勇気を
振り絞って心を鬼にして、導いてあげてください。これも親の役目です。

 

何度も言いますが、中学受験は将来への第一歩ですから、先行投資
だと思って、教育費を惜しまないでください。将来お子さんが稼いでくる
賃金が何倍にも変わってきます。非正規雇用がこれだけ増えた時代、
ちょっとでも道を外れると、あっという間にニート・フリーターになってしまいます。
そうならないように、お子さんの将来の夢がかなうようにしてあげてください。
一流大学を出ていれば、大概のことができるようになります。自分の行きたい
会社にも行けますし、様々な職業に就くことも可能です。これは
親御さんも実感しているでしょう。

 

お子さんが志望校に合格し、輝かしい将来への第一歩を踏み出すことを、
心より願っています。

 

子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

中学受験子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

 子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

「なぜ、同じような家庭環境にありながら、自ら積極的に学ぶ子どもと、
 最後まで勉強にやる気を持てない子どもに分かれてしまうのだろうか?」
 
 しかし、最前線の現場で研究をする中で、あるとき気付きました。
「自ら進んで勉強する子のお母様のやり方には明確な共通点がある」と。
 
現場での指導経験を重ね、自ら進んで勉強する子の母親の行動パターンに注目し研究を続けました。
 何とか再現性のある方法論を作りあげたかったのです。
その結果、時間はかかりましたが、どのお母様も使えて、効果を実感していただける方法論を完成させることができました。
 
 なお、一言付け加えさせていただくと、ちまたの受験評論家の方が、過去の文献やわが子の受験体験だけから導きだしている方法論と、私の方法論とは明確に一線を画すものです。
そういった方法論には、どのご家庭でもうまくいくという再現性の検証が無かったり、現実の生活の問題を無視した理想論に偏ったりしていることがしばしばあるからです。
 そのような机上の方法論は、現実として目の前に悩みを抱え、ここまでお読みいただいている読者の方には興味がないでしょうし、なかなか実践することは難しいと思います。
 
 もしかしたら、“小学生に自主的な勉強など絶対無理”と思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、ちょっとした訓練で、3歳児でさえも「静かに集中して自習する」ことができるのです(保育園現場で実証されている話です)。

  しかも、この3歳児たちは、やらされてやるのではなく、能動的に自習に没頭するので、大人顔負けのものすごい集中力を発揮します。
 もし、母親が方向性を間違えると受験生であるお子様を潰してしまうことにもなりかねません。
先ほどの例のような「母親一人が躍起になって、“勉強しなさい”とうるさく言ってしまう」 なども典型的な失敗するパターンです。
 しかし、ご心配は無用です。
私が作り上げた“子どもが自分から机に向かうようになる方法論”はどのお母様にも取り入れていただけるものです。
 
 また、私は「中学受験は母親の受験」だと思っています。
もちろん、父・母・子供の三人四脚で受験は行うものである、という議論も最近はあります。
ただし、その父親の行動・言動を上手にマネジメントすることも母親の役割になっている、というのが多くのご家庭での現状なのです。

 

 

 

 

子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

中学受験子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

あなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

中学受験で家庭学習をしない

 

家庭教師を中学受験のためつけようと思う

 

中学受験の塾に行っても勉強しない

 

中学受験の勉強法を知りたい

 

でも、この <中学受験>子どもが自分から机に向かうようになる秘訣 はあなたの悩みを解決します。

 

もしかしたら、“小学生に自主的な勉強など絶対無理”

 

と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ちょっとした訓練で、3歳児でさえも

 

「静かに集中して自習する」ことができるのです。

 

 

中学受験の勉強における、「やる気がある、ない」は、

 

持って生まれたお子様の資質ではありません。

 

 まして、才能などはまったく関係ないと断言できます。

 

子どもが勉強を自分からする・しないは、

 

母親がどんな方法でマネジメントをするかで決まってきます。

 

 

中学受験進学塾の教師の鈴木 貴彰先生の方法を

 

“1日15分ご家庭で実行する” だけで、

 

自分から机に向かう子に変身させることが可能になります。

 

 

子どもに対する家での接し方や、やる気につながる声のかけ方の具体的な方法とは?

 

成績が伸びないときの対処法とは?

 

進学塾の選び方や、通ってはいけない塾とは?

 

 

などなど・・・

 

・・・その他 全28章128項にわたって、様々なテーマでわかります。

 

 

あなたのお子様も、自ら積極的に学ぶ子どもになって

 

中学受験で合格することが出来るでしょう。

 

子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

中学受験子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

まずお伝えしておきたいのは、
 中学受験の勉強における、「やる気がある、ない」は、持って生まれたお子様の資質では御座いません。
 まして、才能等はまったく関係ないと断言できます。
子どもが勉強を自分からする・しないは、母親がどんな方法でマネジメントをするかで決まってきます。
すなわち、「子どもがやる気を持たざるを得ないマネジメント」です。
分かり易く言うと“やる気のスイッチを入れる方法を幾つも持つ”と言う事でもあります。
  子ども達はみな、やる気のスイッチを入れて欲しくて待っているのです。
自分から勉強する子どものお母様は、このポイントを確実に押さえているものです。
しかし、わたしの16年におよぶ塾業界での経験からいって、
母親が家庭でどんな方法で子どもをマネジメントしていけばよいのか、
といったノウハウはどんな有名な塾であっても教えてはもらえません。
  殆どの学習塾はあくまでも教科指導のプロに徹しているからです。

 

  したがって、お子様が自分から机に向かうようになるには、母親が「子どもがやる気を持たざるを得ないマネジメント」の方法をきちんと行っていく必要があるのです。
 勉強が出来る子のお母様は、口にこそ出致しませんが、必ずこのようなマネジメントを行っているものです。
 しかし、何が正しいやり方かは、いくら考えても簡単に分かるものでは無いと思います。
よかれと思ってしたことが、逆効果になって、どんどん悪循環に陥ってしまうのはよくあることです。
「勉強しなさい!」と言って、どんどん子どもがやる気を無くしていくのは典型的なパターンです。
 でも安心して下さい。
具体的な『マネジメント方法』については、今まで誰からも語られなかった方法論も含め、わたしがこれからその全てをご紹介して行きます。

 

はじめまして。
 中学受験進学塾の教師の鈴木 貴彰と申します。
今まで16年間にわたり、2千人を超える受験生およびご家庭に受験指導をさせていただきました。
 わたしが現場の最前線で指導をする中で、ずっと感じてきた疑問があります。

 

それは、
 「何故、同じような家庭環境にありながら、自ら積極的に学ぶ子どもと、
 最後まで勉強にやる気を持てない子どもに分かれてしまうのだろうか?」

 

 しかし、最前線の現場で研究をする中で、あるとき気付きました。
「自ら進んで勉強する子のお母様のやり方には明確な共通点がある」と。

 

現場での指導経験を重ね、自ら進んで勉強する子の母親の行動パターンに注目し研究を続けました。
 何とか再現性のある方法論を作りあげたかったのです。
その結果、時間はかかりましたが、
どのお母様も使えて、効果を実感して頂ける方法論を完成させることができました。

 

子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

<中学受験>子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

子どもに勉強のやる気がないのだけど、中学受験に合格させたい。

 

子どものやる気に関する悩みは何とか解決したいですね。

 

子どもには勉強しなさい、と繰り返し口を酸っぱくして言ってはいませんね。
小学生ぐらいの子は親がそばに付いて見てあげないと勉強しないということは、ありませんか。

 

怒鳴られれば、顔を引き締めてテキストを開く子もいるでしょうが、
それは緊張しているだけで、やる気を出して勉強を始めたわけではないのです。

 

自主的に勉強できる子のお母様のやり方には共通点があります。

 

子どもが自分から机に向かうようにさせることは、あなたのご家庭で十分可能です。

 

どんな子どもにもやる気のモトはあります。

 

勉強に向かわせる方法、コツを知ればよいだけです。

 

ちょっとした訓練で、3歳児でさえも皆で机を並べて、
静かに集中して自習することができます。
しかも、この3歳児たちは、やらされてやるのではなく、
能動的に自習に没頭するので、大人顔負けのものすごい集中力を発揮します。

 

本当に子どもの将来や、受験することの本質を考えましょう。
子どもが自主的に勉強できるようになることは、
中学受験をジャンプ台にして、子どもがさらに成長する秘訣です。

 

子どもが自分から机に向かうようになる、
どのお母様も使えて、効果を実感していただける方法論です。

 

やる気・自覚を持たせるための、上手なハシゴの外し方があります。
中学受験における母親の具体的な役割があります。
勉強させる気持ちに向かわせる雰囲気づくりがあります。
テレビやゲームの誘惑を逆利用し、学習に対する意欲を上手にコントロールしてあげる方法があります。

 

 

実践した方の声

 

小6の息子のことで悩んでいました。

 

主人がパソコンを自宅に買ってきたことがきっかけです。
ある有名なオンラインゲームにはまってしまいました。

 

学校から帰るとパソコンに直行です。

 

オンラインゲームというのは、
一度のめりこむと本当に時間を湯水のように使ってしまうのです。

 

 もちろん、これまで何度もゲームの時間について制限し、
いろいろ話し合ってきましたが、何をやってもダメでした。 

 

“テストの点数が上がったらゲームしていいよ”という交換条件を
大なり小なり工夫してやってもみたのですが、
しまいには交換条件自体に文句(“そんなのずるい!”)を言ってきます。

 

どんなに勉強に仕向けてみても、
ゲームをしたいがために、勉強も適当に終わらせてしまう状況でした。

 

毎日ゲームのことでお説教をしたり、
私自身ヘトヘトになり、いつもイライラしていました。

 

 そんなとき、
インターネットで偶然鈴木先生のページを読みました。

 

最初は半信半疑でしたが、思い切って本を申し込んでみました。

 

 読み終えた翌日から、まずは書かれている通りに、
順番に一つずつ実行してみました。

 

しかし、息子は相変わらずオンラインゲームの虜のようでした。

 

それから数日経った頃でしょうか、
息子が「お母さんはなんで僕に勉強させたいの?」 と突然聞いてきたのです。

 

今までそんなことを聞かれたことがなく、
一瞬戸惑ったのですが、 すぐに私が考えていることを伝えてみました。

 

息子は「ふーん」と言っていましたが、何かを感じてくれたようです。

 

その証拠に、次の日から少しずつ、自分から机に向かう時間が増えていったからです。

 

 実はこれには、裏話がありまして、
最初の数日間、息子がオンラインゲームに向かっていたときに
母親である私だけでまず本の内容を実践してみたのです
(そういうワークがあります)。

 

そこで勉強や受験の本質について理解を深めることができ、
息子から「勉強は何のためにするのか?」という簡単そうで難しい質問をされたときにも、
自信を持って答えることができたのです。

 

 そんなことからはじまり、
今では息子に口うるさく言うことはほとんど無くなりました。

 

最後に、本を読んで感じたことを書いてみます。

 

*鈴木先生の本を読み、
実践していく中で、親子の心の中に幹ができました。

 

勉強の本質を理解することで、
ちょっとやそっとで崩れない強い幹が心の中にできた実感があります。

 

*子どもをやる気にさせるための技術が、
現場の最前線の経験に裏打ちされたものなので、
使ってみてすぐに効果があるものばかりです。

 

*子どもに対する愛を感じます。

 

鈴木先生の本を読むと、気持ちが不思議と安心するのは、
先生の子どもに対する強い愛情があるからだと思います。

 

だから子どもは自分から机に向かうようになるのでしょうね。

 

 最後になりますが、
これから読者の方へ、我が家のちょっとしたコツをお伝えします。

 

読みっぱなしで、大事なことを忘れないように、
家の目立つところにメモを貼っていました。

 

 勝手に名付けて“鈴木先生の10ヶ条”として、
箇条書きで要点をメモ用紙に書き、
冷蔵庫とベッドの脇の壁に今でも貼っています(もちろん親が見る用です)。

 

また、慢性刺激にならないように、
ときどき項目の順番を変えて、貼りなおしたりしています。

 

簡単な方法ですが、
効果を実感できたので皆さんにもお薦めしておきたいと思います。

東京都 40代専業主婦(女性)
信じがたい事実でした。私の息子は勉強が大嫌いで、宿題をやらないで遊びに行ってしまいます。何かいい方法はないかママ友にも結構聞いたのですが、試して、いい方法はなかったのです。その時に見つけたのがこの「子どもが自分から机に向かうようになる秘訣」でした。教材のパワーは凄いと感じました。息子が家に帰ってきた途端いつもは、すぐに遊びに行くのですが、机に向かって勉強していたのです。しかも休憩時間も決めているみたいでまさかこんなに違いがあるとは思いませんでしたね。

 

広島県 40代自動車営業(男性)
自分自身、頭は悪い方だったため、息子には良い中学校に入って欲しいと考えていました。しかし、私によく似ていて、遊び歩いていることが多かったのです。しかもたまに門限の17時を守っていない時もありました。このまま甘やかしているのは良くないと思い、ちょっとだけ、制限を掛けることにしました。しかし、逆効果だったみたいで、宿題をやっているかと思ったら、部屋でスマートフォンを弄っていたのです。ガッカリしました。その時に鈴木貴彰さんの教材に出会いました。そこから、「子どもが自分から机に向かうようになる秘訣」を利用したのですが、息子はそれから、勉強するようになりました。ここまで息子が変わることができて嬉しかったです。

 

神奈川県 30代専業主婦(女性)
もう娘は小学5年生になりました。そろそろ、中学受験を考えても良い頃だなと思っていたのです。その時に鈴木貴彰さんの評判を聞きました。あまり言いたくはないのですが、娘は良く化粧をしていたり、すこしませていることもあって、勉強をしないことは何度もありました。その時に、この教材を利用したのですが、今ではしっかりと机に向かうようになり、スマートフォンの電源も切って勉強していた時には感動してしまいました。

 

愛知県 40代ゲームクリエーター(男性)
息子が幼い頃に一緒にパソコンを弄っていたことが良くなかったのかもしれません。今やすっかりパソコンが好きになってしまったみたいで小学5年にも関わらず、勉強をしていなかったのです。しかも、息子はチャットなどをやっていたみたいで、一度パソコンの回線を切ったこともあったのですが、息子は、学校を休むようになったのです。そこで「子どもが自分から机に向かうようになる秘訣」を購入することにしました。購入してからですが、息子に利用してみると、息子が自分から勉強をするようになったのです。これは感動しました。そのあともパソコンの回線はまた繋ぎ直したのですが、今ではパソコンをそれほど弄らなくなり、勉強をするようになりました。しかも第一志望の中学校に受かることができたのです。

 

福島県 40代介護支援専門員(男性)
息子は何度も宿題や勉強をやるやると話していたのですが、一向に机に向かっている姿を見ることは有りませんでした。ところが「子どもが自分から机に向かうようになる秘訣」を購入してから、明らかに勉強するようになっていました。しかも、今は小学6年生なのですが、受験に向けて必死に勉強しています。

中学受験〜子どもが自分から机に向かうようになる秘訣〜 | 買って損?買って得?

 

中学受験塾講師をされている鈴木貴彰さんの

 

「中学受験〜子どもが自分から机に向かうようになる秘訣〜」

 

・・・さぁ!買って損?買って得?

 

【中学受験〜子どもが自分から机に向かうようになる秘訣〜】 傾向と評価

 

■総評/2015年4月

 

「自分から机に向かう」という状態は、保護者さんなら誰でもそう願っておられますね。
日常的な会話でも多く交わされ、ネットでも経験知や情報の意見交換も多くされているように最大の関心事であることは、当ページの閲覧時間の長さにも反映されています。

 

そんな状況の中ですから、「本商材に如何ほどの価値があるのか?」という点が気になりますね。
保護者であるあなたは今までにいろんな情報に接してこられたことでしょうから…。

 

では、まず、子どもさんに「自分から机に向かう」習慣をつけさせるために、私はこういうアクションをすることを決めたという項目を書き出してみられては如何でしょうか?

 

そして、

 

 

何故そのアクションをするのか?
どんな反応を期待しているのか?予測しているのか?
期待の反応が得られなかった場合に次はどうするのか?
というポイントについて簡単にまとめてみられては如何でしょうか?

 

もし、項目が思い浮かばないときは、

 

情報にただ「フーン!」と頷くだけで終わってしまってると言えます。

 

もしあれにしようか?これにしようかと?と迷ってなかなか決まらないのであれば、

 

子どもと向き合う軸がまだ座っていないと言えます。

 

このことを念頭に置かれて、以降の【初期評価】【メッセージ】をご参考ください。

 

■評価ステータス/2015年4月23日

 

口コミ評判:未発見
アンケート:★★★☆☆
良好率:50.0(合格圏)
【buy恩人】の眼:
母数が少なく一般的な口コミも皆無のため、セールス文章から見える真実性と販売元の信頼性だけから判断
↓【buy恩人】適齢期認証経由サービスが自動付属!↓

 

 

■評価・・・2015年4月28日現在

 

やはり、それほどセッション数は多くなかったのですが(メインサイト放棄前)、ポツポツとコンバージョンは発生し、何よりも閲覧時間が長いのが本ページの特徴です。

 

ということは、テーマとしては非常に関心が高いと言えるのではないでしょうか?

 

ただ、あちこちで意見交換がなされているテーマでもあり、同じテーマの情報を彷徨っておられるように見受けられます。

 

一般的な口コミは皆無です(ほとんどすべてのサイトは販売者サイドの口コミをコピペしたものかでっち上げ)ので、客観的な判断はできる状況には至っておりません。

 

以下の【buy恩人】としての【初期評価】【メッセージ】をご参考くださいませ。

 

■アンケート結果・・・2015年4月28日現在

 

「子どもが自分から机に向かうようになる秘訣」大いに役立った!(実感) ? 1 投票 ?
「子どもが自分から机に向かうようになる秘訣」役立ち期待大!(予感) ? 0 投票 ?
「子どもが自分から机に向かうようになる秘訣」役立ち期待薄!(予感) ? 0 投票 ?
「子どもが自分から机に向かうようになる秘訣」役立たず!(実感) ? 1 投票 ?
■【buy恩人】初期評価・・・2010年3月19日〜

 

著者:鈴木貴彰さんに関する情報はネットからは全く確認できませんが、詳細説明文の内容が実際にやった者にしか出せない真実性が読み取れることと出版元の信頼度から信用できると判断しています
販売元:東京教育出版・・・この業界の中では最も信頼度が高く、ビジネス姿勢も真摯です。
テーマ自体は、そのあたりの保護者さんでも経験知や受け売りを気軽に発信されてますけれど、ただサーフィンして情報を仕入れるだけではその場限りで終わります
「子どもを自分から机に向かうようにさせる」という課題を真剣にプロジェクト課題とされるなら、ひとかどの方の著作や情報を基にまず軸を作ることが必要です
その作り込む軸として相応しい重層性が本商材にはあるのではないかと判断しています
コンセプトとしては【buy恩人】と同値です
他の保護者のためのマニュアルのアンケートページにも
いろいろと書きましたので、重複するところもあるかと思いますが、よろしければ閲覧ください。

 

■評価アーカイブ2010年5月18日

 

セッションは驚くほど少ないですね。
出版元も東京出版さんと信頼度抜群にもかかわらずです・・・。

 

アンケートも「役立たなかった」に1票のみ。
さて、どうなんでしょうか?
さらなるアンケート投票をお願いいたします。
【buy恩人】日々の動きブログはこちら→

 

【buy恩人】よりのメッセージ

 

鈴木貴彰さんが提供する
「中学受験〜子どもが自分から机に向かうようになる秘訣〜」
のアンケートをお願いする前に軽いお話にお付き合いいただければ幸いです。

 

このページは【buy恩人】ガリレオが担当します。
多くの受験関連アンケートページで代表と私も多くをしたためていますので、ここでは多くを語りませんが、「子どもが自分から机に向かうようになる秘訣」というタイトルは、ある意味勉強が出来るようになるための全てを一言で表現した言葉ですね。

 

なるほど、「自分から机に向かう」という言葉は至る所で散見されますよね。
保護者さんなら保護者同士や先生との会話で日常的に口について出て来る言葉ではないでしょうか?

 

そして、「自分から机に向かう」習慣が出来たとすれば、保護者としては学力面ではもう何もサポートすることはないとすら言えるでしょう。

 

しかし、ほとんどの場合、この希望は無残に打ち砕かれ、「勉強しなさい」をテープレコーダーのように繰り返すくたびれ果てた日々が続くわけですよ。

 

そして、その他の末子末葉ばかりを追い求める手立てしかなく、結果、何ら花を咲かすことができないくたびれた人生の土台を子どもに押し付けるようなことになるかもしれません。

 

ところで、年に一度、東京大学の新入生のインタビューをニュースで目にしますが、きっと、あなたも「あれで東大生になるの?」と思われることも間々あったのではないでしょうか?

 

たとえ、東大や京大といっても、その学生は大きく分けると、はっきりと「マニュアル型」と「自律型」の2つのタイプに分かれるのではないかと思っています。

 

印象だけで人を判断してはいけないことはもちろんなのですが、インタビューを受ける東大新入生の受け答えを年に一度見るにつけ、きっと彼は強靭な精神力で、いろんな意味でマニュアルに逆らうことなく、与えられた情報をそのまま受け入れることで東大受験を突破してきたんだろうなと思うことが間々あります。

 

また、大学生になってお子さんがアルバイトなどの経験をすると、僕の娘なんかもしょっちゅう言っていますが、「○○大学の学生なのに全く役に立たない。あれで本当に勉強できるの?」などという言葉を耳にされることも結構あるのではないでしょうか?

 

強靭な精神力だけで受験技術を突破した人間よりも、そんなに多くのことはしなかったけれど、少ないながらも自分の頭で考え、理解しようとした人間の方がはるかに魅力的に成長しているような気がしています。

 

どちらにしても、その共通のベースは「子どもが自分から机に向かう」という習慣であることには変わりありません。
親が引いたレールに乗ろうという使命感でこれを達する子も居れば、本当に面白くて自然に習慣にしてしまう子も居るわけです。

 

前後の文脈は、詳細説明ページで確認いただくとして、
鈴木貴彰さんは、はっきりと、
たしかに、大学受験実績を含めて、中高一貫校の魅力は捨てがたいものがあります。
その環境を求めるために、数年間の大切な小学生時代を引き換えにするというのは、本末転倒ではないでしょうか。
と書かれています。

 

中学受験という時間的・物理的制約の中で、無理にこれを達成しようとするのは、「時間を犠牲にする」と仰っていますことには、僕も激しく同意したいと思います。

 

親が躍起になって、子どもが死んでるのであれば、そんなに無理しての中学受験なんか愚の骨頂とはっきり言います。
中学まで普通の学校で普通に勉強していれば高校で自分から机に向かい東大へ行けたかもしれない子が、この時点で永久にその可能性を潰してしまいますよ。

 

時間の流れは人それぞれです。少々遅れた子も居れば進んだ子も居る。
僕の息子なんかは、身体的にはきっちり標準曲線の1年遅れで、精神的にもそれに比例していると思えましたし、実際にそうでした。

 

でも、1年遅れてはいるけれど、標準曲線の上昇カーブには比例していましたから、夫婦ともども何も心配はしていませんでした。
大切なのは、その時期に必要なことをさせてあげるということだと僕は思っています。

 

広中先生のお母さんも何も「学」には縁のない方だったようですけれども、ちゃんとマネージメントはされていたということになるのでしょうね。

 

僕は賢くともなんともない人間ですが、曲がりなりにも人生は面白いと思うことができるのも、「学」には縁がなく「学より人柄」を徹底的に刷り込んでくれた母のマネージメントが大きな要因だったのだろうなぁとしみじみ思ったりしましたね。

 

若き理論物理学者の北川拓也氏も親から勉強しなさいと言われた記憶がないとの対談を最近見ましたが、真っ当な世界でひとかどの仕事をされている方は、例外なくそうだと思います。

 

確かに、その辺りの一般の方がネットにアップしている経験知や持論をサーフィンすることで一定の情報は得られるでしょうが、たいていはその場限りで「フーン、なるほど」で終わってしまいます。
それは、勉強と一緒で行き当たりばったりの情報だけでは身につかないということと同じことなんですね。

 

何がしかを軸として真剣に集中的にまず理解し、咀嚼してから、それから様々な経験知や持論を取捨して肉付けしていくことが大切です。

 

少し意味合いは違いますが、詳細説明文では、

 

なお、一言付け加えさせていただくと、ちまたの受験評論家の方が、過去の文献やわが子の受験体験だけから導きだしている方法論と、私の方法論とは明確に一線を画すものです。
と書かれている部分に相当するでしょうか。

 

何事もきちんとしたプロの書籍や情報で軸を作り込むことが第一歩として重要なことに気付いている人は意外に少ないものです。
その軸として使える重層性をもった商材ではないかと判断しております。

 

では、最後に鈴木貴彰さんが書かれていることで重要な部分を抜粋しておきましょう。
それは、“やる気のスイッチを入れる方法をいくつも持つ”ということです。

 

どのスイッチが効くということはやってみなければ分かりません。

 

すなわち、教育とは、保護者であるあなたの全生活・全人格というフィルターを通してのマネージメントになるということだと思うわけです。

 

だからこそ、保護者も常に「学ぶ」姿勢を意識的に持っていなければならない。
しみじみとそう思います。

 

僕は自分の著作の中でも親の普段の生活態度と子どもの成績の相関性があるというデータが出たことを紹介させていただいたのですが、これは歴然として保護者のマネージメント能力のデータに他なりません。

 

これを読まれているあなたは中学受験を目指す保護者さんでしょうから、たとえ受験に成功されても失敗されても、先にある中学・高校という教育期間に活かすべき幹・見直すべき幹としてのマネージメントのヒントにされることは大いに有益だと考えます。

 

だって、人生のゴールは受験合格ではありませんから・・・。
人生の全てにマニュアルを求めるような人間にならないように育てたいですものね・・。

 

あなたが子どもの自主性・自由を尊重するという御旗の元に
生活全体を通して子どもさんを賢くマネージメントされんことを念じて止みません。

 

【中学受験〜子どもが自分から机に向かうようになる秘訣〜】 概要

 

鈴木貴彰さんが提供する
「中学受験〜子どもが自分から机に向かうようになる秘訣〜」

 

ともかくも、この詳細説明ページは素晴らしくよく書かれています。
さすがに東京教育出版さんというところでしょうか。
今まであまたある情報商材の販売ページとは格が違うことがはっきりとお分かりいただけると思います。

 

方法論が多岐にわたって具体的に細やかに解説されている印象がありますね。

 

では、マニュアルの内容概略を一部だけご紹介しておきましょう。
非常に多くの項目が洩れなく書かれていますので、詳細説明ページでご確認ください。

 

小学生の時代は、僕が言うところの学習段階の第1段階ですから、それに応じて中高生での勉強方法とは若干違うところが出てくるはずです。

 

が、なかなか中高生になっても第1段階に留まっていることが多い現実の中で、しっかりと第2段階に移行する準備をするという意味でも有益な印象があります。

 

なかなか勉強しない子どもに対し言葉で伝えなくても効果的なメッセージを送る方法
やる気・自覚を持たせるための、上手なハシゴの外し方とは?
子どもに対する家での接し方や、やる気につながる声のかけ方の具体的な方法とは?
中学受験における母親の具体的な役割とは? 〜よくある役割の間違い〜
子どもと親の間での約束の上手な作り方と一番注意すべき点
単なる合否にとどまらず、勉強や受験に積極的な意義を見出すためには?
塾のテストや課題に対しての取り組み方や、メンタル面での姿勢を確立するには?
「苦手科目大作戦」を上手に演出して、子どもの心をわくわくさせる方法
成績が伸びないときの対処法とは?
どんなにスランプでもやってはいけないことは?
「かわいそう」なものではなくて、「小さな成功体験の積み重ね」として中学受験をとらえるために
中学受験という機会を「子どもへのプレゼント」にする方法
塾で成績を伸ばすためのポイントと塾の賢い「利用法」 〜母親がやるべきこと〜
塾の進捗確認テストを最大限に活用するポイントとは?
塾のテストや課題に追われない学習の方法論とは?
【中学受験〜子どもが自分から机に向かうようになる秘訣〜】の概略説明は、

このあたりで止めておきましょう。

 

子どもが自分から机に向かうようになる秘訣